vegetaiment(ベジテイメント)|野菜をもっとたのしく、もっと身近に。

【野菜×美容】ストレスには3つの野菜で改善を

仕事や、日々の生活でうまくいかない事もあったり、我慢をしたりとストレスが溜まってしまう事、ありますよね。

ストレスを溜めすぎてしまうと、体にもよくない変化がでてきてしまいます。胃が痛くなったり、ニキビ、肌荒れの原因となったり、頭痛の原因などとよくない事ばかりです。

今回はストレスに効くお野菜をご紹介します。

7694a7fd626516f517c791e71b44914f_s

◼︎ストレスにはこのビタミンが大事

(1)ビタミンC

ストレスを感じると「コルチゾール」というホルモンが分泌されます。コルチゾールはストレスと戦うためにとても有効なホルモンで、そのコルチゾールの材料となるのがビタミンCです。

(2)カルシウム

ストレスが加わると体内のカルシウムの消費量が増えて、精神の不安定が続いてしまいます。ストレスを感じる時はいつも以上にカルシウムを摂るのがおすすめです。

(3)マグネシウム

カルシウムやマグネシウムは「自然の精神安定剤」で、神経や筋肉の細胞をリラックスさせてくれます。マグネシウムは抗ストレスと言われて、カルシウムの働きを助けてくれるので一緒に摂りましょう。

 

◼︎ストレスを感じる時におすすめなお野菜3つご紹介

(1)パセリ

ビタミンC、カルシウムは野菜の中でもトップクラスなパセリ。ビタミンCの多いと言われるみかんの4倍のビタミンがあります。又、鉄分はほうれん草の4倍もあり、ビタミンCは鉄分の吸収率をアップさせる役割もあるので一石二鳥です。

(2)小松菜

生で食べても美味しく、野菜の中でもすば抜けて多くカルシウムが含まれる小松菜。葉酸や鉄分も多いので貧血予防にも効果的です。小松菜を食べる時は、ビタミンDを含むサンマやキノコ、マグネシウムを含む枝豆と一緒に摂るとカルシウムの吸収がアップします。

(3)枝豆

マグネシウムが野菜の中でトップクラスな枝豆。冷凍枝豆も効果は非常にいいのでお酒のつまみとの組み合わせもおすすめです。大豆にはほとんど含まれないビタミンCも多く含みます。

この3つのお野菜は簡単に使いやすいお野菜です。例えばサラダなら3つとも使えます。スープならパセリ、小松菜、おつまみなら枝豆、と簡単にお料理との組み合わせがしやすいので是非お試しください。
野菜のこと
イベント

イベント