vegetaiment(ベジテイメント)|野菜をもっとたのしく、もっと身近に。

【野菜×レシピ】やさしい甘さが魅力的な愛知の伝統野菜・縮緬南瓜

日本中には色んな種類のかぼちゃがあります。このかぼちゃはその中のひとつの縮緬南瓜(ちりめんかぼちゃ)というかぼちゃです。

かぼちゃ記事1

初めて見る方も多いのではないでしょうか?

 

◼︎縮緬南瓜ってどんなかぼちゃ?

縮緬南瓜は愛知県の伝統野菜で、愛知県海部郡大治村砂子が原産の砂子南瓜を改良して栽培されるようになりました。形は扁平(へんぺい)で上からギュっとつぶしたような形をしています。細かいコブ状の皮が縮緬状になっていることからこの名前がつきました。ゴツゴツとした皮はまるで怪獣のようでとてもインパクトがありますが、縦に半分にカットすると口をイ~っとしたような形をしているように見えるユニークな顔も持つお茶目なかぼちゃでもあります。

かぼちゃ記事2

現在では生産者の減少で収穫量が少なく、ほとんど市場に出回りませんが、愛知県で古くから栽培されている日本南瓜です。現在は、あいち在来種保存会の皆さんを中心に愛知県の大府市近郊で栽培され、種を繋がれている希少なかぼちゃです。

かぼちゃ記事3

 

◼︎昔なつかしい日本かぼちゃの味わい

日本かぼちゃは、ホクホクで甘い西洋かぼちゃとは正反対で果肉は水分がとても多く味は上品であっさりです。一番のおすすめの食べ方は煮物です。やっぱり日本のかぼちゃですから、お出汁や醤油との相性はばっちりです。あと、天ぷらや炒めものもおすすめですよ。今はかぼちゃと言えば、黄色くて甘い西洋かぼちゃが主流となっていますが、『この素朴な味わいになつかしさを感じる』と日本かぼちゃが主流だった頃を知る世代の方々にとっては、今でも根強い人気のかぼちゃです。

 

◼︎ 縮緬南瓜のおいしさの魅力

縮緬かぼちゃは一般的な日本かぼちゃの中でも水分量が多く、カットすると水がぷっくりとあふれてくることも。生でかじるとほんのり甘く、コリコリっとした歯ごたえです。煮物にするとしっとりとしていて、とってもやさしい甘さが口の中に広がります。そして縮緬南瓜の一番の魅力いっていいところはあのゴツゴツとした皮の部分です。果皮が固めの為、コリコリとした食感を楽しむことができます。

 

◼︎縮緬南瓜が【美術品】としてデビュー

縮緬南瓜が芸術品として評価され、2016年7月に東京・渋谷にあるワタリュウム美術館で愛知の縮緬南瓜が美術品として展示されました。販売価格は1個4300円と驚愕の値段が付けられました。インパクト大な見た目ですが、確かにとても繊細な縮緬スタイルはまさに芸術品ですね。

 

◼︎縮緬南瓜を使ったレシピをご紹介

素朴な味わいの縮緬南瓜がオシャレな料理に変身!

〜冷凍パイ生地で簡単・かぼちゃのキッシュ〜

かぼちゃ記事4

【材料】
*縮緬南瓜(他の日本かぼちゃでもOK)・・・300g

A 卵・・・・3個(パイ生地の下焼きで塗る分も含みます)

A 生クリーム・・・225g

A 牛乳・・・180g

A 胡椒・・・少々

A 粉チーズ・・・大さじ1

*本みりん・・・適量

*冷凍パイ生地(型のサイズに合わせた大きさのもの)・・・1枚

【作り方】
①オーブンを180℃に予熱しておきましょう。

型の底にクッキングシートを敷き、解凍した冷凍パイ生地を型にのばします。(飾りにも使用するのでミニトマトくらいの大きさのパイ生地を少しだけ残しておいて下さいね)

重石をのせて180℃のオーブンで15分下焼きします。

②かぼちゃは大きめに切って、串が通る程度に蒸します。粗熱がとれたら8枚ほど1cm幅に切って果肉の部分を平らになるように切っておきます。残りは適当な大きさに切ります。

 

Point 日本かぼちゃは水分がとても多いので、生のまま使用してしまうと水が出てきてベチャっとしてしまいます。必ず加熱してから使いましょう。このひと手間が失敗しないポイントです。

③素焼きしたパイ生地の上にスライスしておいたかぼちゃを皮を上にして並べます。次に、ボールにAの材料と②の適当に切ったかぼちゃを入れてパイ生地の中にそっと流し込みます。最後に少しだけ残しておいたパイ生地をかぼちゃのヘタに見立てて中心に飾りましょう。

④パイ生地に残しておいた卵液を塗ります。

180℃のオーブンで30分ほど焼いて一度取り出し、かぼちゃの皮の部分に本みりんを塗って更に2~3分焼きます。

※みりんを使って照り付けをします。みりんはみりんタイプ(風味)ではなく、必ず本みりんを使用して下さいね。無ければ、はちみつや水飴(ガムシロップ)でもOKです。

 

かぼちゃ記事5

かぼちゃの形に見立てたキュートなキッシュです。やさしい甘さなので食事としてもとっても食べやすいですよ。

 

野菜ソムリエ・ナチュラルフードコーディネーター 桜井さちえ
野菜のこと
イベント

イベント