vegetaiment(ベジテイメント)|野菜をもっとたのしく、もっと身近に。

【野菜×レシピ】簡単すぎるゆずの4つの活用法で大量にゆずを消費しましょう。

ゆずは脇役にされがちですが、実は非常に高い効果が沢山含まれています。
ゆずの皮には、「リラックス効果」「保温効果」「保湿効果」
ゆずの実には、「疲労回復効果」「美肌効果」「デトックス効果」
ゆずと言うと、お風呂に浮かせたり、和食の飾りなどの印象ですが、それだけではもったいない野菜です!!
今回はゆずの栄養を上手に摂取できるゆずの活用法4つご紹介します。

◼︎ゆずジャム
切って入れて、待つだけ。とっても簡単すぎるのにとっても美味しいゆずジャム。
ゆず記事10

【作り方】
1、ゆずをよく洗い、皮と実に分け、皮を細切りにします。
2、瓶を用意し、ゆず、砂糖、ゆず、砂糖と順々に積み重ねていきます。
→ポイントは、スプーンなどで押しながらやってあげると染み込みやすくなります。
→砂糖と皮の量はだいたい同じぐらいです。少し砂糖が少ないぐらいに私はしていますが、お好みで。
3、これで一週間したら出来上がりです。

ヨーグルトに入れたり、ゆず茶として飲んだり、パンにつけたり、沢山活用できます。

◼︎ゆず味噌
野菜との相性抜群のゆず味素は、保存もきくので一回作っておくと、とっても便利です。
ゆず味噌記事

【作り方】
1、鍋に味噌400gとお砂300gを入れ混ぜ合わせます。
3、みりん大2を入れて、さらに混ぜます。
4、ゆず5個分の皮をミキサーで細かくして、果汁をゆず1個分入れます。
5、弱火にかけながらよく混ぜ合わせたら出来上がりです。

茹でた大根にのせるだけで風味がでて美味しく食べられます。

◼︎ゆずドレッシング
美肌効果の高いゆずの汁を捨てることなく使えるゆずドレッシング。美肌サラダを作りましょう。
ゆず記事111

【作り方】
1、ゆず1個使用します。ゆずの皮を剥き、種を取ってミキサーに入れます。
2、ボールに①を入れて、オリーブオイル100mlと塩胡椒をし、よく混ぜまたら出来上がりです。

ゆずの風味を感じられるさやわかな手作りドレッシングの出来上がりです。

◼︎ゆずポン酢
寒い時期はお鍋にしたり、豚と白菜蒸しをゆずポン酢にして食べたりと、この季節は特にぴったりのゆずポン酢。冷え性の女性には温かい食べ物と、ゆずの保温効果で一石二鳥です。
ゆず記事6

【作り方】
1、ゆず汁100cc、醤油100cc、みりん100ccをボールに入れ、よくかき混ぜます。
2、そこに鰹節1パックを入れ、よくしみこんだら鰹節を絞るようにして取り除きます。
3、出来上がりです。

簡単すぎるゆずポン酢。今まではポン酢を購入していた方もお手軽なゆずポン酢を作ってみてはいかがでしょか?

ゆずの4つの活用法いかがだったでしょうか?
寒い日が続くからこそ、毎日の生活にゆずを取り入れ、体の中からポカポカにしてみてはいかがでしょうか?
野菜のこと
イベント

イベント