vegetaiment(ベジテイメント)|野菜をもっとたのしく、もっと身近に。

【野菜×レシピ】かぼちゃのとろ〜りスープで冷え性改善〜バターナッツかぼちゃのスープレシピ〜

これからの時期益々寒さが厳しくなってきますよね。
冷えが気になるこの季節。女性は冷え性の方も多いのではないでしょうか?
そんな時におすすめの野菜レシピがこちら!
『かぼちゃスープ』です。
かぼちゃは、「ビタミンE」や「食物繊維」が豊富で冷え性対策にとても効果的なお野菜です。
温かいスープにしてあげれば体がポカポカになり、体の中から綺麗に健康になれるでしょう。
今日は、かぼちゃの種類の中でもスープにおすすめな日本かぼちゃの「バターナッツかぼちゃ」を使用して簡単・ヘルシー・美味しいスープをご紹介致します。
バターナッツかぼちゃ4

◼︎冷えに効果的なかぼちゃ
かぼちゃには、食物繊維が豊富で、老廃物を排出し、デトックスしてくれる効果があります。
腸に老廃物が溜まってしまうと肌荒れ便秘の原因だけでなく、
肩こり体の冷えなどの原因にも繋がってきます。
食物繊維は腸の中で老廃物を吸収して便として排出してくれるのです。

また、かぼちゃの中に含まれ成分ビタミンEも冷えにとても効果的なビタミンです。
女性のホルモンを整えてくれ、血行を促し自律神経も整えてくれます。
そして、ビタミンEは、体全体に血行を促進してくれるため、冷え性対策には抜群です。

◼︎日本かぼちゃ バターナッツ
海外では主流のかぼちゃで現在日本でも人気が高まっているかぼちゃです。
果皮は肌色で、つやがありツルツルとした肌触り。
バターナッツの特徴は、ナッツのような風味とねっとりとした果実なのでポタージュにおすすめです。
そのほかソテーやフライなどにしても美味しく、和食よりも洋食に向いているかぼちゃです。

◼︎バターナッツかぼちゃのとろ〜りスープ
バターナッツかぼちゃは皮は固いため、実だけスプーンなどで取り出して使いましょう。
かぼちゃスープ

【材料(4人前)】
1、かぼちゃ 半分
2、牛乳 500cc
3、水  100cc
5、塩胡椒 少々
6、玉ねぎ 1個
7、きのこ 1パック
8、バター 適量
9、チーズ 適量

【作り方】
1、かぼちゃは半分にカットし、種をとります。
2、耐熱皿にかぼちゃを入れて、お水を小3入れラップをします。10分程かぼちゃをレンジでチンします。かぼちゃは柔らかくなるまでです。
3、レンジからかぼちゃを取り出し、スプーンでかぼちゃの実をすくい潰します。
4、かぼちゃを潰し、軽く塩胡椒をし、牛乳を少し合わせていきクリーミーな感じにします。
5、鍋にバターをしき、スライスした玉ねぎ、きのこをよく炒めていきます。炒まってきたらそこに塩胡椒をします。
6、つぶしたかぼちゃを⑤に入れて、かぼちゃと玉ねぎ、きのこをよく絡めて残りの牛乳、お水を入れます。
7、火が入ったらコンソメを入れ、グツグツしたら火を止めます。
8、最後にチーズを入れたら出来上がり

 

かぼちゃには色んな種類のかぼちゃが沢山ありますので、お料理に合わせてかぼちゃを使い分けてみるのもいいですね。
スープに向いているバターナッツかぼちゃで体の中から温まってみてはいかがでしょうか?
野菜のこと
イベント

イベント