vegetaiment(ベジテイメント)|野菜をもっとたのしく、もっと身近に。

【野菜×知得】知って得する大根の食べ方!どの箇所を食べるかで美味しさが変わる?!

スーパーなどでよく見かける大根が半分になっている状態で売られている時、上の部分と下の部分と、あなたはどちらを買いますか?
何を基準で選びますか?
実は、大根の箇所は、鍋にするか?サラダにするか?大根おろしにするか?どう食べたいかによって美味しい箇所や食感も変わってきます。

DSC06800

◆大根の部位の使い分けとは?
(1)上の部分
シャキシャキとした食感で、上の部分には甘みが強いためサラダなどにおすすめです。ビタミンCが上部には特に含まれているため、生で食べる事で栄養も摂取できるでしょう。

(2)真ん中の部分
柔らかく味が染み込みやすいので、おでん、ふろふき大根、ブリ大根、お味噌汁などにオススメです。
真ん中の部分はとろけるうまさを引き出してくれます。

(3)一番下の部分
柔らかく辛みが強いので大根おろしにおすすめです。
ビタミンCも一緒に沢山摂取できる場所です。
大根には、ジアスターゼと言うタンパク質分解酵素が入っているため魚との組み合わせはまさにぴったり。
さらに、魚の焦げにある発ガン物質を分解してくれる酵素もたっぷり含まれます。


大根はによ箇所ごとによって美味しさが変わってきます。
是非どんな風に食べたいか、料理したいかによって使いわけてみてください。
野菜のこと
イベント

イベント