vegetaiment(ベジテイメント)|野菜をもっとたのしく、もっと身近に。

【野菜×知得】なぜ野菜は食べないといけないのか?

1日350gの野菜を食べなさいとよく耳にする機会も多いかと思いますが、そもそもなぜ野菜を食べないといけないのでしょうか?

d7f0e5cd9298ca459ea6b85739fadfcb_s

◼︎活性酸素が体を危険に?
活性酸素と言う言葉を聞いた事がありますか?活性酸素とは、私たちの体を錆び付かせる作用です。
人間の体は、食べ物をエネルギ−源に変える時に酸素を必要とします。その時に一部、活性酸素と言うものが発生します。
活性酸素が過剰に発生した場合、酸化と言う作用が働き、人間の体の酵素や細胞膜を錆び付かせます。
活性酸素が多くなると、それだけ老化が進み、生活習慣病も引き起こしてしまいます。活性酸素はお肌のシミやクスミにも関係してくるので、女性にとっては特に問題ですよね。

◼︎錆びない方法は?
活性酸素を減らし、体を錆びさせない為の方法の一つが、野菜に含まれている抗酸化作用です。これが、活性酸素を退治してくれるからです。
抗酸化作用を沢山摂る事によって、体を錆びさせる事なく、健康に綺麗になれる一番の近道となるでしょう。

◼︎1日7種類の野菜を摂りましょう
1日350gと言っても中々分かりにくいかと思います。一時期バナナダイエット、トマトダイエットと流行りましたが、バナナだけ、トマトだけでは栄養面が逆に偏ってしまいます。350g食べましょうと言われるのも、言い方を変えればバランスよく食べましょうと言う意味に当たるでしょう。
ポイントとして、1日7種類のお野菜を食べてあげると一日に必要な栄養に近づけます。7種類と聞くと「多いな」と感じる方もいるかと思いますが、食事する時に少しの工夫をしてあげる事で摂取しやすくなります。
例えば、朝、パンだけだった人は、そこにサラダを加えてあげたり、夜、ビールを飲む時に枝豆と一緒に食べてあげたりとちょっとの工夫で実は7種類の野菜を簡単に摂取する事ができます。

1日7種類の野菜を摂取する事を少し頭の片隅に置いてあげるだけでも体は自然と変わってきます。錆びない体作りをしてシミ、シワ、老化から乗り切り綺麗な身体作りをしていきましょう。
野菜のこと
イベント

イベント